動作環境

  • クライアントOS:Windows 7 (32bit)
  • サーバーOS:Red Hat Linux 6.5 ※Oracle Database 11g R2インストール済み

インストール

  1. Oracle Database 11g Release 2 ダウンロードサイト(英語/日本語)へ
  2. 「win32_11gR2_client.zip」をダウンロード ※事前にOracle.comプロファイル登録が必要
  3. ファイルを解凍し「setup.exe」を実行
  4. インストールタイプ「管理者」を選択
  5. 製品の言語「英語」「日本語」を選択
  6. インストール場所を指定して製品のインストール
  • Oracleベース:D:\app\[username]\
  • ソフトウェアの場所:D:\app\[username]\product\11.2.0\client_1

Oracle SQL Developer接続設定

  1. Oracle SQL Developerを起動
  2. 起動時にjava.exeのフルパスを指定(D:\app\[username]\product\11.2.0\client_1\jdk\jre\bin\java.exe)
  3. 「新規接続」を選択しデータベース接続を作成
  4. ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力
  5. 接続タイプ、ポートを入力
  6. サービス名はD:\app\[username]\product\11.2.0\client_1\network\admin\tnsnames.oraにて定義したものを入力
  • サービス名を利用する際は事前にD:\app\[username]\product\11.2.0\client_1\network\admin\sqlnet.ora中の"SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES= (NTS)"行を削除

SPOOLコマンドを利用してSQLの問合せ結果をファイルに出力

SQL> SPOOL C:\test.txt
SQL> SQL statements
SQL> SPOOL OFF

SET ECHOコマンドを利用してSQL文と問合せ結果を出力

SQL> SET ECHO ON
SQL> SQL statements
SQL> SET ECHO OFF

データベース/テーブル情報確認コマンド

select * from v$instance; // show databases;
select * from tab; // show tables;
desc [table name]; // desc [table name];

SQL Developerスタンドアロン最新版(2015年7月現在)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-06 (月) 22:42:49 (1052d)